扇千景の旦那の浮気とフライデー?名前や画像?息子と自宅?

政治家
スポンサーリンク
Pocket

 

扇千景さんと言えば、60代以上の年齢層には有名な方という印象ですが、実際はどんな方なのでしょうか?元々芸能人であり、その後は政治家という多彩な能力を発揮し、各方面で活躍されています。そんな扇千景さんの旦那さんやご家族の事、その他さまざまな事を調べてみました。若い年代にも分かりやすく紹介できればと思います。

 

スポンサーリンク

扇千景の旦那はどんな人?

 

扇千景さんは元々宝塚で娘役として活躍した女優さんでした。しかも宝塚歌劇団に入ったきっかけは友達が勝手に書類を送ったから、という昔ながらのシンデレラストーリー。しかし入団時の成績は51人中4位と、そもそものポテンシャルも相当なもの。

 

(画像添付元:一日一生読むくすりadpeak.net)

 

確かにおキレイですね。当時は映画専科というコースがあったそうで、八千草薫さんと一緒に編入し、映画に出演、そして1956年には新人演劇賞も受賞しています。そして、そんな扇千景さんと結婚したのが中村扇雀(4代目坂田藤十郎)さん。扇千景さんは1957年に、結婚のために宝塚歌劇団を退団しています。

 

(画像添付元:todayroom)

 

上方歌舞伎のサラブレットで後の人間国宝、坂田藤十郎さんの猛アタックで結ばれた二人ですが、実は扇千景さんの父親からは大反対されたのだそうです。しかしそんな結婚を考えている時に、ちょうど妊娠をし、今で言う授かり婚をしたのだそうです。宝塚歌劇団への入団の際も父親から反対されたという話の扇千景さん。自分の意思はきちっと貫き通すという星の元に生まれて来ているのかもしれませんね。

 

扇千景の旦那の浮気とフライデー?

 

そんな扇千景さんと旦那さんの坂田藤十郎さんですが、千景さんと交際に至る頃には芸能界でもすでにアイドル的存在。交際を扇千景さんの父親に反対されていたのも「あいつはだめだ、どれだけ女がいると思ってるんだ!」という発言を見ればわかりますよね。女性関係が原因でした。

 

(画像添付元:ハリーの自由帳)

 

ビックリなのは坂田藤十郎さんが70歳の時に19歳の女性とフライデーされた事でした。写真のようにバスローブで舞妓さんをホテルの一室に迎え入れていたのがスクープされたのです。それに対しての坂田藤十郎さんのコメントがいやに清々しく、「お恥ずかしいなぁ、私が元気だっていうことを証明してくださって」と余裕そのもの。もちろん当時69歳の妻である扇千景さんにも騒動は飛び火し、千景さんもマスコミの取材に対して、

 

「いいことじゃないですか。ごひいきの皆さんがあって今日の主人があるんですから」舞妓の写真を見せられても「私もひいきにしております。一番いい子よ」「あなたもウチの主人みたいに頑張りなさいよ」

 

と一蹴。記者は逆にはっぱをかけられる始末。今では考えられない事ですが、こそこそと逃げも隠れもしないその対応に、その当時は夫婦ともに世の中からはあっぱれという評価が下ったのでした。

 

ちなみに、旦那さんの坂田藤十郎さんは2020年の11月に亡くなっています。国会議員を30年間もしていた扇千景さんは「30年間、国会議員で主人のことをゆっくりみてあげるような暇もなかった」と振り返り、「国会議員を辞めてからは、べったり10年間、新婚でした。」と述べています。

 

扇千景の名前の変遷?

 

ちなみに扇千景さん、というのはもちろん芸名です。本名は宝塚歌劇団に入った頃の旧姓は木村寛子さん、ご結婚されてからは林寛子さんと仰います。銀行員の父親の元に生まれ育ったため、厳しく育てられたようで、芸能の道にすすんだのもそこへの反発心からのようです。

 

(画像添付元:みるまる)

 

「扇千景」という名前については、特に本名から来ているものではなく、宝塚という事ですぐに芸名を付ける必要があり、その際に先輩の「淡島千景」さんの名前をもらったのだそうです。

 

ちなみに淡路千景さんとは、戦中戦後の宝塚を支えた一人であり、同姓からも愛され支持され続ける魅力的な女性でした。逸話としては、手塚治虫の名作『リボンの騎士』の主人公サファイア王女は、淡島千景さんが『ヴェネチヤ物語』の中で演じた、娘ながらも時折男装するポーシャ役をモデルにしている、という話があります。

 

扇千景の息子はどんな人?

 

そんな扇千景さんですが、結婚の際の話でお子さんが一人いるのは確実ですよね。実際はどんな家庭を築いていたのでしょうか。子供は1959年に長男の四代目 中村雁次郎さん、1960年に次男の三代目 中村扇雀さんを出産されており、4人家族。中村扇雀さんの方が母親似で女形をされており、お化粧をするとそっくりだったのだとか。

 

(画像添付元:産経新聞)

 

すでにお孫さんもおり、それぞれ同じく歌舞伎の道へと進んでいるようです。ちなみに孫の一人は宝塚で活躍中の紅ゆずるさんなのだとか。歌舞伎界では代々受け継いできた名前もありますし、息子さんの成長過程では心の中ではいろんな思いや葛藤があった可能性もありますが、順風満帆に家族が回っているのは扇千景さんの力もありそうですね。

 

扇千景の自宅がすごい?

 

そんな扇千景さんの自宅ですが、実は大豪邸と噂されています。家系的にも芸能界で干されたり等の心配もない分、それはしっかりとした自宅なのではないかと想像はしますが、どれほどの豪邸なのでしょうか。

 

(画像添付元:社長の家~日本の豪邸写真集)

 

これは、ビルとも呼ばれる類の建物ですね。これがご自宅なのだそうです。芸能人や政界人も多い渋谷に位置し、しかもこの大きさの建物。渋谷はざっくり言って坪単価500万円とも言われているので、広さだけでも相当なお値段だと思います。

 

それから駐車場もきちんと何台も置けるように設計されており、パッと見での窓の数からしても相当な部屋数あるのではないかと予想されます。それもそのはず、こちらに3世帯で住んでいるのだとか。扇千景さん、息子二人それぞれの家族。核家族が普通の現代にしては珍しいご家庭です。それぞれが忙しい家庭なので、一緒に暮らすのが一番良い選択だったのかもしれませんね。

 

扇千景と中村珠緒との関係は?

 

扇千景さんと中村珠緒さんが何かしら関係ある、という話があるのですが、どういうことなのでしょうか?家族関係?友人関係?少し調べてみました。

 

すると、どうやら扇千景さんと中村珠緒さんは家族のようなのです。正確には義理の家族とでも言いましょうか。扇千景さんの旦那さんである坂田藤十郎さんは、中村珠緒さんのお兄さん。なので、扇千景さんからみると中村珠緒さんは義理の妹、中村珠緒さんからみると扇千景さんは義理の姉、という事になります。

 

(画像添付元:スポーツ報知)

 

こう改めて見てみると、すごい家系図ですよね。88歳でお亡くなりになりましたが、奔放でやんちゃな旦那さんを持ち、義妹に天然でパチンコ好きな中村珠緒さん、その旦那さんには映画主演も何本も出演の実績もありつつ何度か警察のお世話になっている芸能人の故勝新太郎さん。

 

これだけでも結構情報としてはお腹いっぱいですよね。そして代々継承していく芸事の家庭のため、もちろん息子さんたちも有名人。昔ながらの奔放さは現在では世間的には許されませんが、きっとその血はどこかに受け継がれている事でしょう。

 

扇千景さんのまとめ

 

今回は扇千景さんについて調べてみました。中々すごい、華々しい経歴、ご家族でしたね。芸能界はもちろん、政治家としては30年も務めあげるとは国民からの信頼の現れとも言えます。実際にtwitterでも扇さんへのリスペクト投稿があったりと、中々好評でした。もうすでに後期高齢者と呼ばれる年代です。コロナなどにも気を付けて、これからも元気に過ごしてほしいですね。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました