山本美月は絵が上手い?瀬戸康史とドラマ共演で福岡?大学時代と推薦?

女性芸能人
Pocket

 

最近瀬戸康史さんとのご結婚、とおめでたい話題で各方面からお祝いの声がなかなか止まない山本美月さん。結婚の発表の際の写真についても評価は高く、話題性十分。そんな山本さんの事について徹底調査してみました。

 

山本美月は絵が上手い?

 

山本美月さんを調べるにあたり、必ず出てくるワードが「絵が上手い」。本当に上手いのか、どれほど上手いのか、山本美月さん本人の魅力と一緒にその辺りのポテンシャルも調査してみましたよ。

 

山本美月ってどんな人?

 

山本美月さんは1991年7月18日生まれの女優でありファッションモデル。高校3年だった2009年7月に『東京スーパーモデルコンテスト』に出場。グランプリを獲得します。

 

グランプリと同時にcancam賞も受賞していた事から2009年の12月号の表紙を同士専属モデルと一緒に飾り、そこから山本さんも専属としてデビューしています。2011年にドラマ『幸せになろうよ』に出演しデビュー。そこから女優としても活動するようになります。

 

画像添付元:Hot Word Blog

 

高校生の初々しい姿ですが、やはりかわいいですし、同時にキレイ系でもありますね。数多くの広告、ランウェイも飾っており167cmの長身で様々な衣装をまとい颯爽と歩く姿は圧巻です。

 

ちなみに山本美月さんがこのモデルのコンテストに応募した理由は、雑誌『CanCam』から女優になる人が多いと調べていたから。美人なだけでなく頭脳派なのか、中々考えてからの行動のようです。親との約束も“4年生大学を卒業する”という風にきちんと守っており、「これ」と思った事についても順序だてて行動していくようで、どうやら感情先行型では無いようですね。

 

山本美月が描くイラストは?

 

山本美月さんと言えば、コスプレイラスト漫画、というくらい有名なのはご存知でしょうか。インスタグラムもではご自身の近況の写真や、旅行に行った時の事をまとめて投稿していたり。ファンにはたまらないのはもちろん、イラストのうまさにファンでなくともびっくりします。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

先日、母と尾道に行ってきました\(^^)/ #近々の美月

MIZUKI YAMAMOTO(@mizuki_yamamoto_official)がシェアした投稿 –

 

こういった投稿やお得意の漫画のイラストも多数投稿しています。何となく、女性が描くイラストって女の子のキャラクターが多いのではないか、という勝手なイメージがあるのですが、山本美月さんは本当に描くことが好きなんですね。男性のキャラクターもお手の物です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

カバネリやばい( ∀ )ツ #甲鉄城のカバネリ#生駒 #mosha #Rakugaki

MIZUKI YAMAMOTO(@mizuki_yamamoto_official)がシェアした投稿 –

 

甲鉄城のカバネリというアニメの主人公、生駒もしっかりと描き投稿しています。こういうきちんとしたアニメ愛も他者に伝わることから、モデル・女優という入口ではなく、「このアニメを愛してイラストも激うまな美人は誰だ」という取っ掛かりでファンになる方もいるのだとか。天は果たして山本美月さんに何物を与えたのだろうか、と疑問に思ってしまいますね。

 

山本美月、瀬戸康史とドラマ共演?

 

つい先日結婚を発表した山本美月さんと瀬戸康史さん。二人の交際のきっかけはやはり仕事での共演、そこからお互い恋愛対象として発展していったようです。共演が2回ほどあるという事ですが、いつ、どんな作品で共演しているんでしょうか。調査しました。

 

山本美月と瀬戸康史の過去の共演ドラマは?

 

山本美月さん、瀬戸康史さんの連名で8月7日にtwitterを更新し、結婚を発表した二人。

 

このtwitterでの写真も「素敵だ」「バカオシャレ」と評判になっています。2人の共演は、1度目は2016年のドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』、2度目は2019年4月期に放送されたドラマ『パーフェクトワールド』で、交際に発展したのは2回目の共演の去年だという事です。

 

ドラマでの役柄は結局くっつきそうでくっつかずに終わる幼馴染役でしたが、プライベートでは “お互いに失いたくない、大切な存在なのだと確信し” “共通の趣味や似た感覚を持つ私達” と言っています。二人ともイラストを描く趣味、コスプレ、漫画を愛する所など、重なる部分も多く、となればこういう間柄になるのも周りから見れば時間の問題だったのではないでしょうか。

 

山本美月は福岡出身?

 

ちなみに山本美月さんの出身は福岡県福岡市。ですが、小学3年生までは長崎県の大村市で育ったのだとか。父親は一般企業の会社員だということなので、転勤もあり、九州内でお引越しがあったのでしょうか。

 

画像添付元:ResuMedia

 

ちなみにこの写真は小学生の頃。本人もそうですが山本美月さんの両親も生き物が好きで、実家には犬・猫・うさぎ・文鳥・リスなどを飼っていたのだそう。小学6年生の時に、文化祭の劇で主役を演じて女優へのあこがれが芽生えたのだとか。小学校の劇で主演、またまた美少女の王道を行っていて、現在の姿と比べても納得感がありますね。

 

山本美月の大学時代と推薦?

 

小学生時代がドッジボールも大好きなスポーツも万能な少女だったようですが、そこからの山本美月さんはどんな経験を積んで大人になって行くのでしょうか。調べてみました。

山本美月の学歴は?

 

学歴などを調べたところ、山本美月さんの最終学歴は大学卒業。大学は明治大学農学部生命科学科へ進学し、ストレートで卒業しているようです。福岡に住んでいた山本美月さんは高校の時は女子高である筑紫女学園高等学校に通っていました。

 

モデルオーディションの際に高校3年生であったためその頃の制服姿の写真がネット上にも見つかります。その制服姿からも筑紫女学園高等学校に通っていたのは確実と裏付けされています。伝統あるお嬢様校で、理系を選択し生物のテストは毎回ほぼ満点を取っていたそうです。

 

生き物が好きで、得意だからと言っても、これはすごいですね。高校の時には演劇部に所属していたとの事で高校年生の春に新入生に向けての部活紹介では『ロミオとジュリエット』の一部分をジュリエット役で演じ、10数人の新入生が入部してくれたのだそうです。演出と音楽も掛け持ちだったらしく、余計に嬉しかったようです。

 

山本美月、大学は推薦?

 

そして大学ですが、山本美月さんは高校3年生の時にオーディションに合格し、その後明治大学へ進学したわけですが、その進学は推薦だったのか?調査してみました。ちなみに農学部を専攻した理由は、山本美月さんの祖父が高校の生物の教師だったため、影響を受けて“遺伝子やクローンを学びたい”と考えたから。“病気に強い植物”の研究をし、解剖などもしていたのだとか。

 

入試についてはちょうど忙しい時期というのもあり、推薦だったのでは?という憶測が飛び交っていますが、とあるインタビュー記事にて「両親は国公立大学を望んでいましたが、モデルの仕事が忙しくなり多くの強化を勉強する時間がありませんでした。それなら私大農学部トップを目指そうと、明治大学を志望しました」と発言しているのです。この発言からも推薦ではなく一般入試で受験したのではないかと言われています。

 

画像添付元:modelpress

 

大学を4年できちんと卒業している山本さんですが、もし芸能界でうまく行かなかったら、大学院まで行って研究者として就職するつもりだったそうです。やはり美人なだけではなく頭脳派。もっともっと飛躍していくであろう今後の彼女の活躍にも期待したいですね。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました