古市憲寿の結婚相手は誰?猫のモカを飼う?佐藤健とは高校と対談がきっかけ?

男性芸能人
スポンサーリンク

 

昨今のバラエティー、ワイドショーの数々に出演し毎回物議を醸しだす人物、それが古市憲寿さん。タレントの指原莉乃さんとは犬猿の仲かと思いきやある一面では意見が一致してみたり。そんなミステリアスな男・古市憲寿さんについて今回は掘り下げてみようと思います。

 

スポンサーリンク

古市憲寿の結婚相手は誰?

 

テレビで見ない日はないほど話題の人ですが、まずはどんな人なのかをおさらいしてみましょう。古市憲寿さんとはそもそも作家であり社会学者です。船で世界各地を巡るピースボートに乗船したレポートをまとめた『希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想』(光文社新書)でデビューし、それをきっかけにTV番組からコメンテーターとしてたくさんのオファーを受けるようになります。人と同調するコメントをあまりしないため、反感を買うことも多く、「炎上コメンテーター」という別名もあるようです。

 

そんな古市憲寿さんは1985年に東京都で生まれました。家族は7人家族。祖父祖母と両親の元、3人兄妹として育ったそうです。小さなころから勉強はできた子供だったそうで、「小学校という集団にあまり意味を見出せなかった」と、小学校中学年の頃には不登校だったのだそうです。

 

将来の夢を語らせようとする大人たちにも辟易していたそうで「ない」と言っていたそう。終いにはそう答えるのも疲れてきて「公務員」と回答するのが常になっていたとの事。父親が公務員という情報もあるため、そう言っておいて親を喜ばせていた可能性もありますね。

 

しかし、少し風変りな食卓がある番組で話題になったこともありました。大皿に入った料理が何個か並べてあり、それぞれが好きな時間にバイキング形式で食べるのだとか。年代もバラバラなので理にかなった形ではあると思うのですが、一緒にそろって同じごはんを食べるのが普通、と思っている感覚からすると、中々びっくりしてしまうシステムです。しかしこの風変りな食事からも、今の古市さんが作られているのは確実にここだな、とも考えられますね。

 

そんな古市憲寿さんに結婚の噂が?正直TVで見る限りは女性をはじめあらゆる年代を敵に回しやすい性格に見えるため驚きが隠せませんが…そして更にお相手も気になるところです。

 

ですが真相は、結婚もしておらず、もちろんお子様もいないとの事。なぜその様な噂が出てきたかと言うと、自身のSNSに赤ちゃんを抱っこした写真を投稿していたからなのだそうです。

 

画像添付元:とりま芸能速報

 

しかしこれは妹さんの子どもなのだそう。いきなりこの写真を投稿されて説明も何もないと、勘違いする人も多そうですよね。そういう反応も楽しんでいたのかもしれません。

 

古市憲寿は猫のモカを飼う?

 

そんな古市憲寿さん、最近は猫にドはまりしているようで、バラエティー番組に出演の際にも愛猫モカちゃんの写真が出てくることも。ここでは古市さんがモカちゃんとお家に迎えるまでを辿ってみましょう。もともと猫好きだった古市さんは友人の家にも猫目的で遊びに行くほどの熱の上げようでした。そこを『今夜くらべてみました』に密着され、2019年10月にペットショップ巡りを放送されます。

 

そこで出会ったのがマンチカンのモカちゃん。マンチカンとアメリカンショートヘアの二択で迷った末「結婚よりも難しい」と悩みつつ、3時間熟慮に熟慮を重ねた末、マンチカンの雌のモカちゃんを古市家に迎えたのでした。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

お猫。 #ニャンスタグラム

古市憲寿(@poe1985)がシェアした投稿 –

 

こうして度々「#ニャンスタグラム」と称して投稿。今年はコロナで自粛な期間も加勢してか、年々インスタグラムがニャンスタグラム化の傾向に。コメントの印象としてはやさぐれている感じがするのに、こんなに猫にメロメロとは。印象ががらりと変わってしまいますね。

 

佐藤健とは高校と対談がきっかけ?

 

敵が多そうな古市憲寿さんですが、ちゃんと友人関係はある程度あるようです。佐藤健さんとの交遊がささやかれていますが、そもそも、どんな人と普段交流しているのか、休日は何をしているのか、可能な限り調べてみました。

 

古市憲寿の学歴は?

 

古市さんの最終学歴は大学院卒業。最終的には東京大学院総合文化研究科に進学しましたが中退したそうですが、大学は慶応義塾大学を卒業しています。環境情報学部に入学しましたが「受験時や入学後すぐに、専門を選ばなくていい」というのが、ここを選んだ最も大きい理由だったそうです。

 

社会学への関心は、慶應義塾大学在学時、ここでのある教授の講義で芽生えたそうです。それが小熊英二さんの『近代史』の講義。高校まで習った歴史の社会学での解釈の仕方、という切り口に刺激を受けたそうで、この講義を受けていなかったら今頃はまったく違った人生を送っていたのではないかと振り返っています。

 

画像添付元:Resumedia

 

自宅の埼玉からキャンパスのあった藤沢まで通学していたそうで、その電車の中で本をたくさん読んだとの事で、その時間も大事な時間だったと自身で振り返っています。

 

古市憲寿は社会学者?

 

社会学者は「一般的に学術的な研究者を目指す場合、大学院に入学し、修士課程で修士論文、博士課程で博士論文を執筆します。同時に学会に所属し、査読とよばれる専門家によるチェックを経た論文を専門雑誌に発表することで、実績を積み上げて行きます。」と業界関係者は語ります。

 

この点だと古市さんは多くの著作を上梓していますが、エッセイ風の作品や小説などは、学術的な業績とはカウントされないのだそう。古市さんの場合大学に所属し教授や准教授といった肩書を持っている、という方にも分類されません。

 

こういう点からも、古市さんは新しいタイプの社会学者だと言えます。今が多様性の時代だからこそそう名乗れる、という人も居そうですね。ただ、色々な番組に出演しコメントで物議を醸し、毎回きちんと爪痕を残している辺り、すでに世に認められている感はあります。

 

佐藤健と仲良しな理由ときっかけ?

 

大学は慶応義塾大学へ進んだ古市さんですが、高校は地元埼玉の越谷北高校出身との情報が。その4年後輩に佐藤健さんがいるのだそうで、お互いに頻繁に会って食事をする仲なのだとか。

 

画像添付元:もあダネ

 

佐藤健さんの生配信まで古市さんの自宅からお届けするほどの仲。中々一緒に番組に出ている印象も無いので、世間的にはレアな組み合わせですね。そもそも佐藤さんと古市さんがつながったのも城田優さんとのゲームがきっかけ。人狼ゲームにハマっていた事で出会い、高校が同じ事で急激に仲良くなったのでしょうね。

 

その後は脱出ゲームにも発展しており、夜な夜なゲームをしては長時間盛り上がっているようです。勉強一筋なのかと思えば意外とゲームにハマっていたりと、中々に掴めない所がまた面白いんでしょうか。佐藤さん以外にもセカイノオワリのFukaseさん、人気Youtuberのヒカキンさん等、結構幅広い方々とお友達なのだそうです。

 

しかしお仕事では仲間があまりいるようには見えない立ち位置の古市さん。ご本人が「その場での自分の役割みたいなものは、明確にするようにしている」と語ったのは就職ジャーナルでのインタビュー。

 

画像添付元:就職ジャーナル

 

それを読んで納得。自分の信念、意見を持ちつつ、きちんと番組内での立ち位置のようなものを理解しているからこそ、ここまで頻繁に番組に呼ばれるんですね。多くの出演者がMCの話に沿って発言する中、古市さんの言葉はどこかその道を外す役割を担っているのを理解して、自分の意見を交えつつ発言しているのでしょうね。今後もその発言を楽しみつつ、いい感じに振り回されてみるのも良いかもしれませんね。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました