天明麻衣子の旦那は弁護士で名前や画像は?父親はJAL?最近見ない?

女性芸能人
スポンサーリンク
Pocket

 

天明麻衣子さんはホリプロ所属のフリーアナウンサー。東京大学文学部を卒業後にNHK仙台放送局で2年の契約でアナウンサーになりましたが、その後は民間の会社員になったのだそうです。

 

海外にいた際にyoutubeチャンネルを開設し、その後帰国後にフリーアナウンサーとして再度活動を始め、日経モーニングプラスでサブキャスターを務めていました。今回はそんな彼女の旦那さんや家族についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

天明麻衣子の旦那(夫)は弁護士?

 

さて、唐突ですが、先ほど「海外にいた」と書きましたが、その理由というのが2014年に結婚した旦那さんのお仕事の都合でした。情報はある程度明かされていますが、やはり一般人という事で中々細部までは判明していませんのでご容赦ください。

 

ただ、お相手は同じく東京大学を出た優秀な方、お仕事は弁護士をされている、という所までは判明しています。なんというハイスペックカップルなんでしょうか。普段んの何気ない会話のレベルも同じ東大出身ですから、きっと合うのでしょうね。

 

まだまだ謎だらけの天明麻衣子さん同じ東京大学卒業との事ですが、旦那さんは7歳年上との事。いつどこで、どういう馴れ初めだったのか、こちらも謎に包まれたままです。旦那さんがいる事についてはあっさりと認めた天明麻衣子さんですが、それ以上は、という線引きが厳戒態勢でされているという事でしょうか。

 

天明麻衣子の旦那(夫)の名前や画像は?

 

そんな天明麻衣子さんの旦那さんですが、やはり一般人だという事で情報は少ないです。お写真に関しても、顔を隠した1枚があるかどうかのレベル。ただ、Youtubeチャンネルを持っている天明麻衣子さんですが、彼女が海外から投稿していた動画は、室内や屋外様々です。屋外の街ブラではない動画はもしかすると旦那さんも協力して撮っていたのではないかと考えられます。

 

 

この動画のように「昔は滑れたんですよ」と言いながら遠ざかっていくのは、中々一人では撮影できないのではないでしょうか。海外は日本と違い治安もそう良くないので、カメラを設置して自分は遠ざかっていく、というのは考えにくいところです。

 

旦那さんの転勤について行き、アナウンサーの次に就いた職も辞した天明麻衣子さんですが、「ついて行くからには」というお話もきっと最初にされていたのでしょうね。帰国後スッとフリーアナウンサーとして活動し始められたのも、そもそもの夫婦としての話し合いが出来ていたのでしょう。

 

今時の出来る人は、きちんと意思の疎通を図って効率も上げていくので、夫婦が互いにその意識で動いているのでしょう。東大王の天明さんを見ていても「迷う」という事があまりないように感じるので、きっと普段からそうなのでしょうね。

 

天明麻衣子の父親はJAL?

 

天明麻衣子さんが優秀なのは明白ですが、どうしてそうなったのか、どう育てたらそんなに優秀な子が育つのか、というのは親の永遠の課題です。もかしたら遺伝も関係しているのか?と、そもそも論でも一度は考えてしまいますよね。天明麻衣子さんは遺伝かどうかはわかりませんが、父親は元JAL勤務。いわゆるエリートですね。しかし、ある時JALを辞める事になり、現在は喫茶店を営んでいるようです。

 

(画像添付元:テレビドガッチ

 

写真のように見た目も品のよさそうなお父様ですよね。JAL(日本航空)の元VIP専属乗務員が、そのおもてなし技術を生かし、2018年にオープンさせたと噂になっている喫茶店「茶房・はちはち」。こちらが天明麻衣子さんの父親の喫茶店だというのです。

 

このお店のこだわりとクオリティがスゴイと評判になっているというのです。JAL(日本航空)の元VIP専属乗務員・天明幸雄さん。チーフパーサーも務めていたという天明幸雄さんは、なんとローマ法王から直筆の感謝状をもらうほどの接客スキルをお持ちなのだそうです。

 

そんな立派な父親を持ってこの子あり、という事でしょうか。お父様はJALを辞めて喫茶店をしてもそのおもてなしの心を常に持って、こだわりの経営をされています。そのこだわりは座席数にも表れていて、ファーストクラスと同じ22席。

 

スタッフとして働くのも、同僚だった元ファーストクラスのCAさんたちなのだそうで、きっとベクトルも同じなのでしょう。なかなか飛行機のファーストクラスは乗れませんが、喫茶店なら、と思って訪れてファーストクラスの接客を受けてみても良いですね。

 

天明麻衣子を最近見ない?

 

そんな天明麻衣子さんを最近見ないのでは?という方もいるので、調べてみました。気になる最近の天明麻衣子さんがこちら。

 

 

なんとご懐妊!!こんなにお腹が大きくなっていたのは知りませんでした。天明麻衣子さんは2015年9月から2021年5月28日まで日経モーニングプラスでサブキャスターをつとめていましたが、出産のため番組を降板。番組内で2021年5月28日、本人から発表しています。

 

妊娠については一部インタビューで明かしていますが、自身の橋本病も発覚したそうです。橋本病とは「甲状腺の働きが悪くなる病気の原因で慢性甲状腺炎」と言われており、発見者の名前からついた病名で、大人で10人に1人の割合でいるようです。そのため妊娠中もお薬の服用が必要だったと自身のinstagramにも綴っています。

 

そもそもご自身は不妊治療も1年とちょっと頑張っていらっしゃったようですが、しんどかったらアピールしたりと、ストレスは溜めないようにしていたのだそうです。

 

私の場合、「今月はダメだったから、パーッてお酒飲むわ〜」って言ったり、「今日は疲れたからお寿司買ってきたー! 」というような感じでやっていました(笑)。

 

不妊治療については様々な方法がありますが、天明麻衣子さんは授かった段階まで語ってくれています。不妊治療は段階がいくつかありますが、だいたいはタイミング法から始まり、天明さんの場合は初の体外受精で成功したようです。

 

旦那さんのサポートとしては「金銭的なことは全然気にしなくていいよ」と言ってくれたり、しんどい時には家事を変わってくれたという事です。言わないとわからないだろうなと思って、伝えるようにしていた、というので結構しんどい時期にもうまくチームとして機能していたのですね。

 

天明麻衣子さんのまとめ

 

今回はフリーアナウンサーの天明麻衣子さんについてまとめてみました。コロナ禍での妊娠出産は中々踏みとどまる夫婦も多い中、めでたい話題で世の中を明るくしてくれますね。しかもさすがとしか言いようがないのですが、この妊娠中のタイミングの2021年4月に東京大学院にも入学したとの事で、妊婦検診の待ち時間等でiPad等で勉強をしていたのだそうです。

 

番組内での強気な発言が度々話題にはなっていましたが、本当に何があってもめげそうにないですね。出産は7月と仰っていましたが、ひとまず健康で生まれて来てくれさえすれば、この家庭は問題なさそうな、そんな気がします。これからも我が道を行く天明麻衣子さんに注目です。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました