柴咲コウは農家の敵?発言となぜ?種苗法改正案?年齢はサバ?

女性芸能人
Pocket

 

2020年3月末に今までの所属事務所との契約を満了し、独立。実はその前から実業家としての一面を持っている謎多き女優でありアーチストであり実業家の柴咲コウさん。最近ではドラマ『35歳の少女』で難役を見事に演じており、しばしばドラマ評でもお見掛けします。そんな彼女にある噂が浮上しているのだそうです。順風満帆そうな柴咲さんですが、どういう事でしょうか?調査してみました。

 

柴咲コウは農家の敵と言われる理由とは?

 

柴咲コウさんで検索してみると「♯柴咲コウは農家の敵」というハッシュタグが発見されました。農家の敵というのはどういう事なのでしょうか?現代はいろんな芸能人の発言の端々を切り取って騒ぐ人が多いため、何が火種になっているのかわかりませんね。発端の出来事はどんな事だったのか、調査してみました。

 

柴咲コウさんが「農家の敵」とはどういう事なのでしょうか?よくよく調べてみると「新型コロナの水面下で、『種苗法』改正が行われようとしています」と柴咲さんが2020年4月30日にツイッターでこう切り出したのがきっかけとなっているようです。

 

ネット上では、感染拡大への対応ぶりに注目が集まる陰で、政府が論議のあるいくつかの重要法案を国会で通そうとしていると、話題になっています。この種苗法の事以外にも呟いていた芸能人も多くいたのは記憶に新しいと思います。柴咲さんについては、今回種苗法改正案のことを意識したらしく、問題提起したのです。実はこれについては農家からも賛成の意見、反対の意見と両方あるのです。

 

 

こうして柴咲コウさんの意見に賛同している方もいらっしゃれば、逆に改正に賛成し、柴咲コウさんのツイートが邪魔をした、という意見の方も見られます。

 

 

柴咲コウさんがなぜこのような発言をしたのか?

 

こうして物議を醸している柴咲コウさんの発言ですが、あまりにもタイミングよく一石を投じてしまったようで、炎上してしまったようなんです。あまりにも追及がしつこく「何かを糾弾しているのではなく、知らない人が多いことに危惧しているので触れました」「きちんと議論がされて様々な観点から審議する必要のある課題かと感じました」と後に発言しているようですが、そのおおもととなるツイートに関しては現在は削除してしまっているようです。

 

画像添付元:J CASTニュース

 

何にしても、有耶無耶にして水面下で法律改正をしてしまう最近の国会を不安視している人は多かったと思います。今回の件はあまり議会等に関心の無い日本国民にはちょうど良かった可能性もあるなと、個人的には感じました。

 

柴咲コウさんの種苗法改正案への考え方は?

 

では、柴咲コウさんと種苗法改正案、どうしてこういう関連で彼女がつぶやく事になったのか、背景も調べてみましょう。まずは種苗法の確認も必要な気がしますね。柴咲コウさんが実業家として活躍する背景に19歳の時に亡くなった母親の事がある、と先に上げましたが、その際に感じた事を

 

『何が原因だったのか』『何が悪かったのか』と考えて、行きついたのが『衣・食・住』

 

とインタビューにもこたえているのです。その経験から、ファッションブランドを起ち上げた際にも、土に還る、生態系に負荷をかけないものづくりを謳ったものになっています。

 

 

きっと自分自身が、自分や家族を取り巻く環境の事を考えているからこそ気づいたところが、この種苗法改正案だったのでしょう。ちなみに農林水産省からもこのツイートに『きちんと知っていただければ』という発信があったようですが、詳しく知りたい方のためにまとめてくださっていた方もいらしたので、貼っておきますね。

 

 

しかし、本当に賛否両論ある法改正案なので、自分自身で正しい知識を付けておくことが大事かと思います。最近はメディアがテレビ・ラジオ・雑誌だけでなく、ネットに広がりを見せているため、情報は歩けばあたる形式が転がっています。気になった方はもっと深く関心を持ち、調べてみても良いかもしれませんね。

 

柴咲コウさんの年齢はサバ読み?

 

そんな柴咲コウさんですが、今更ながらの「年齢」「サバ読み」等のワードもチラつきます。これはまたどういう事なのでしょうか?正直デビューから20年以上もたち、特にアイドルであるとか、そういう方向の活動をしていた訳ではないので、年齢詐称していた?と言われても、必要性を感じませんし、なんだかピンときません。

 

画像添付元:どこでもNEWS LETTER

 

ちなみに、柴咲コウさんの年齢ですが、2020年の今年で39歳。39歳で今クールのドラマの35歳役をしているためか?同級生設定の坂口健太郎さんが29歳なのに同級生?キャスティングミスでは?という情報もありましたが、どうやらそこでは無いようです。

 

年齢、サバ読み、というワードで調べたところ、柴咲コウさんのデビュー当時の事が上がってきました。実は疑惑のきっかけは2015年のテレビ関係者のコメントだった説と、デビュー前の柴咲コウさんの事を知る知人説があります。

 

柴咲コウさんの出世作となったのは、1999年に放送された美白エッセンス『ポンズ・ダブルホワイト』(日本リーバ<現ユニリーバ・ジャパン>)のCMです。

 

実はこのCMの出演依頼が来た時、幸恵ちゃん(柴咲の本名)はまだ17歳で、美白美容液を使う年齢としては若すぎました。当時幸恵ちゃんの母親はがんに侵されていて、その治療費を稼ぐために必死でした。幸恵ちゃんと所属事務所の間でどのようなやりとりが行われたのか、はたまた事務所が把握していたのかは定かではありませんが、結果的に年齢を1つ増やした18歳でプロフィールに載せてしまったといわれています。母親を助けるためにやむを得なかったのではないでしょうか

 

と、デビュー前からの知人は話しているそうですが、もしそうだとすると、普通は少しでも若くサバ読むのが芸能人の年齢ですが、逆にサバ読んでいた事になりますね。当時の所属事務所であるスターダストプロモーションに確認したところ「柴咲の年齢は公式プロフィール通りです。なぜそのような話が出たのかわかりません」とのこと。事務所がそういうのであれば真相は闇の中と言うよりほかないですね。

 

柴咲コウさんってどんな人?

 

まず調べる前に「柴咲コウさんってどんな人?」という所から調査してみました。柴咲コウさんは1981年8月5日、東京都豊島区の出身。デビューのきっかけも豊島区の池袋のサンシャインシティを友人と歩いている所をスカウトされたのだそうです。

 

画像添付元:まるニュース

 

スカウトされた当時は14歳の頃だという事で、父親の反対もありすぐにデビューという事は無かったのですが、きちんと父親の許しも得た上で、高校入学後の16歳の時に事務所に所属し芸能界デビューをしています。実はスカウトされた際には芸能界に興味はなかったと言いますが、その後16歳に事務所に所属したのは「末期がんの母親の治療費を稼ぐため」という経済的理由だったと言います。

 

美人さんでスカウトされ、順風満帆に来ているかと思いきや、そんな苦労もあったのですね。2002年には歌手としての活動も開始し、2016年には実業家としてレトロワグラース株式会社を設立しCEOに就任。実業家としても活動を始めますが、その裏には19歳の時に亡くなった母の事もきっかけとしてあったようで、衣食住をテーマにした事業を展開しています。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。いろんな面を持っている柴咲コウさんですが、「こんな一面もあったのか」という方もいたのではないでしょうか。自身の女優やアーチストの活動の他にも実業家の一面も垣間見えましたね。これからもどんどんいろんな面を見せてくれる事を期待しましょう。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました