井上和香の旦那の画像?名前は飯塚健?現在と若い頃?母親はどんな人?

女性芸能人
Pocket

 

井上和香さんと言えばその昔、完璧なプロポーションでグラビア全盛期に世の男性の目をくぎ付けにしていたグラビアアイドル。数年前に結婚しましたが、最近の彼女はどんな活動をしているのかご存知ですか?調べてみました。

 

井上和香の旦那の名前は飯塚健?

 

井上和香さんの現在ですが、結婚され子供もいるという状況なのはご存知の方も多いのではないでしょうか。Instagram等snsを活用して芸能人も色々自分で発信するようになったため、そこらの芸能リポーターよりも情報が早いケースもありますよね。2020年の末には彼女が最近新型コロナウィルス感染症にかかり、ネットニュースにも大きく出てましたね。子供を抱え大変だったのではないでしょうか。そんな彼女の家庭について少し調べてみました。

 

井上和香さんが結婚したのは2012年5月。自分の誕生日に結婚しています。お相手は飯塚健さんという映画監督。井上和香さんは、飯塚健さんが監督を務め、2012年2月に公開された映画『荒川アンダーザブリッジ THE MOVIE』に出演しています。

 

(画像添付元:TAMAJIRO CINEMADAYS

 

元々は中村光さんによる漫画作品。 同漫画作品を原作とするテレビアニメ版、実写ドラマ版、その映画版漫画が制作されています。旦那さんである飯塚健さんがドラマ、映画と監督を担当しており、この作品をきっかけに知り合い、2011年5月頃から交際をスタートさせたといいます。なんと約10年前の作品。そして10年前から交際がスタートしたようです。監督と出演者、いわゆる職場恋愛と言ってしまえばそうなのでしょう。

 

「気付いたら、当たり前に結婚するんだと思えている私がいました。この人と一緒にいたら、絶対楽しい毎日が待ってる!」

 

と結婚報道後のブログにも、本人がそう綴っています。確かに、出会いのきっかけの映画は結構はちゃめちゃな作品です。それを映画化する頭を持っている方、というのは日々の一つ一つを、もしかしたら違う見方をしている可能性もあります。そういう所が良かったんでしょう。

 

井上和香の旦那の画像はある?

 

井上和香さんの旦那さんは前述した飯塚健さんという映画監督です。情報を追加すると、脚本家という一面もあります。群馬県渋川市出身の現在42歳の売れっ子監督です。デビュー作は2003年公開の『SummerNude』。この作品は公開は24歳の時ですが、撮ったのは22歳の時。業界の中では中々早いデビューだったのではないでしょうか。

 

(画像添付元:ほんのひきだし

 

そのデビューから大物芸能人にも目をかけられ、シティーボーイズのきたろうさんからの声掛けで舞台の方にも活動を広げていたりするので、才能があるのはもちろんの事、きっとかわいがられるキャラでもあるのではないかと推測します。

 

井上和香の現在と若い頃?

 

それでは満を持して、井上和香さんの若い頃について色々と調べていきましょう。グラビアアイドルだったため、おそらく男性方がドキドキするような写真もあるのではないでしょうか?

 

今やママタレントとしても活躍している井上和香さんですが、元々はグラビアアイドルでデビューしています。2002年に雑誌『BOMB』でグラビアデビュー。当時のスリーサイズが上から、90 – 60 – 90で、マリリン・モンローとほぼ同じだったことからデビュー当時は「和製モンロー」と小堺一機さんが名づけ、呼ばれていたのだとか。

 

(画像添付元:Pinterest

 

確かに素晴らしいボディーですね!デビューして間もない2003年には日テレジェニック2003にも選ばれ、当時23歳のその代では最年長として活躍していました。日テレジェニックと言えば知らない方もいるかもしれませんが、当時グラビアアイドルにとっては登竜門とも言われるものでした。

 

日テレのPRをする、というのが主な仕事でしたが、グラビアアイドルにとっては一種のステイタスになっていたほど。同期にはサエコさんもいたりと、振り返ると中々のメンバーがそろっています。興味がある方は調べてみても良いかもしれません。

 

そんな和製モンローとも呼ばれた井上和香さんが「劣化した」という噂もありますが、最近のCM出演のことでしょうか。ライザップでのビフォア、アフターの姿は衝撃的でしたよね。

(画像添付元:芸トピ

 

いくらCMはお金になるからと言っても、結構考えてからの出演だったのではないでしょうか。若い頃の整った姿を撮られるのには慣れていても、太った姿というのは自分でも中々良いものとしては感じられないものです。もちろん歳を重ねること、子供を産み育てた勲章、と言ってしまえば割り切れるとしても、女性の心理としてはいつまでも綺麗でいたいですからね。

 

ちなみに、3ヶ月という短期間でグラビア現役の時よりも痩せたらしく、体重は58.8⇒49.1kgと、驚きの40キロ台。本人も小学生ぶりの40キロ台!と驚いていたそうです。しっかり結果にコミットしていますね、さすがライザップ。

 

芸能人の方は昔から「何もしてないんですよ」というインタビュー記事が多かった印象ですが、今の時代いろんな発信をしてもらった方が視聴者としては関心が高まるものです。プライドよりもマーケティング的に、この姿を公開することを選んだ可能性もありますね。恐れ入ります。

 

井上和香の母親はどんな人?

 

井上和香さんについて調べると、親の名前も出て来る事をご存知でしょうか。実は井上和香さんの母親も元々有名人。芸能活動をされていたのだそうです。なるほど、それであの美貌!と思われる方もいると思いますが、母親の情報はバラエティ番組などでもあまり出て来ていない印象です。少し調べると嵯峨京子さんというお名前が出て来ました。

 

(画像添付元:トレンドライフ

 

嵯峨京子さん(本名:新村範子さん)は1941年1月生まれの女優さん。お写真で見る限り、可愛らしい方ですね。19歳の時に大映ニューフェイスとして活動を始め、時代劇に多く出演するようになります。そこで注目を集めたのが『四谷怪談稲妻の巻・水草の巻』で演じたお岩役。親の世代に聞くと、もしかしたら知っている人も多いかもしれませんね。その後舞台等でも活躍しますが、35歳の時に結婚のため引退しています。

 

(画像添付元:芸能人子供と息子と娘特集

 

こちらの写真は結婚後、旦那さんと一緒に東京で割烹料理屋を切り盛りしていた頃の嵯峨京子さんです。歳を重ねてもお綺麗ですね。ですが、残念なことに2014年の夏、すい臓がんのため亡くなっています。娘である井上和香さんとも仲が良く、女優として活躍する井上和香さんを母親として応援していたと言います。

 

井上和香さんは2015年に出産されていますので、お孫さんの顔は見ることなく天国に旅立たれたのですね。無くなる1か月前にがんが見つかり、入院。病気発覚後の時間も短い事から、お互いに中々受け入れられなかったと思います。

 

まとめ

 

というわけで、今回は井上和香さんについて今回は調べ、まとめてみましたが、結構いろんな情報が出て来ましたね。母親が元女優というのは知らない人も多かったのではないでしょうか?私もその内の一人でした。タレント、女優、母、妻といろんな顔を持つ井上和香さんですが、今後また夫婦でのお仕事もあるのか、家族での活躍も期待したいですね。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました