吉川愛の子役時代はあまちゃんとリーガルハイ?本名と大学?横浜流星と岡田将生?

女性芸能人
スポンサーリンク

 

吉川愛さんと言えば最近見るドラマ見るドラマで印象的な役柄で目が釘付けになる若いながらもしっかりと演技の出来る女優として有名です。今回は吉川愛さんの子役時代や復帰してから現在に至るまで、興味深い経緯を探ってみました!

 

スポンサーリンク

吉川愛の子役時代

 

2002年の子役デビューから大きく育った吉川愛さん。2017年に一度引退を発表しています。16歳の高校生に至るまで、「美人にすくすく育ってる」とファンの間ではしばしばアイドル並みの噂がたつほどの美少女だった愛さん。子役時代を振り返ってみましょう。

 

吉川愛とあまちゃん

 

2013年のNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』では高幡アリサ 役で出演していました。役の設定はアイドルグループ、アメ横女学園に所属している13歳のハイテンションな女の子。自己紹介は「アメ横女学園出席番号36番、片思い星からの転校生 両想いになっちゃうと死んじゃうの!み~んなのアリサこと、高幡アリサ 13歳で~す!よろしくぴょん!」でした。

 

終始ハイテンションの難役を見事こなしていて、主役の能年玲奈さんもそうですが、アイドルグループのお話という事もあり周囲の出演者も一様に話題になりましたね。

 

画像添付元:WaoEnter

 

確かにこの可愛さでは、話題になるのは必然でしょう。これで13歳とは、末恐ろしいの他に言葉が見つかりませんね。中々の完成度です。そのためファンの間でも「美人に育った」と噂になっていたのでしょう。

 

吉川愛とリーガルハイ

 

さて吉川愛さん、リーガルハイでも検索されていたようです。2012年に出演したドラマ『リーガルハイ』ではまだ子役ながら子役女優役でのゲスト出演をしていたようです。主演の古美門先生が弁論ではなく、依頼人の感情に寄り添って戦った回として語られているようです。

 

画像添付元:気になったことまとめ隊

 

しかし子役ながらドラマのゲストとは大したものです。少し前だと安達祐実さん、最近だと芦田愛菜さんのような感じでしょうか。2012年と言えばまだ小学生。学業との両立も大変だったことでしょう。そんな中での大活躍、恐れ入ります。

 

そして、この時も相変わらずの可愛さです。天才子役ともいわれており、芝居にも大人と渡り合えるほどのものがあったのですね。実際に復帰した現在でも出るドラマ出るドラマで話題となっています。芸能界に入るべくして生まれてきたと言っても過言ではないのかもしれません。

 

吉川愛の本名と大学?

 

吉川愛さんの本名をここでおさらいしておきましょう。それにはデビュー当時の事も振り返る必要があるかと思います。少し探ってみましょう。

 

吉川愛さんは2002年、3歳の頃に芸能事務所「ムーンザチャイルド」に所属。『いないいないばぁっ!』(NHK教育)を見ているときに、カワイイ洋服を着ているコがいて、それを見た母親が吉川愛さんに着せたかったそうで、事務所に応募してオーディションを受けに行ったことがきっかけだったそうです。

 

その後5歳の時に爽健美茶のCMでデビューしました。その当時の芸名は『吉田里琴(よしだりこ)』。これが本名と言われています。その後もCM、ドラマ、映画と多数出演しています。

 

画像添付元:ORICON NEWS

 

めちゃくちゃ可愛いですね!代表とする作品名を羅列するだけでも『山田太郎ものがたり』『メイちゃんの執事』『坂の上の雲』『ハガネの女』『夜行観覧車』『南くんの恋人~my little lover~』『映画ひみつのアッコちゃん』と、これだけにとどまりません。まさに売れっ子、引っ張りだこの子役でした。

 

吉川愛の学歴や通う大学は?

 

役者として順調な吉川愛さん、それでは学業の方では?女優業に専念する方、逆に学業に専念するために芸能界の活動を一時自粛する方、様々ですが吉川さんの場合はどうだったのでしょうか?調べてみました。

 

吉川愛の学歴は?

 

吉川愛さんは2017年に一度引退する際に、学業を優先するとの事で引退しました。その他にも芸能界では経験の出来ないことを経験するため、という事で本当に引退後は普通の高校生活を送り、パン屋さんでアルバイトもされていたのだそうです。そこで学業がどうなったのか、調べてみました。

 

ちなみに引退の際は高校1年生の終わりですが、こんな感じに育っていました。子役の時も美少女でしたが、アイドルでも問題ないほどの可愛らしさ。引退を聞いて周りが衝撃を受けるのもわかります。

 

画像添付元:トレンディーバル

 

吉川愛さんは、調べた結果、大学には通っておらず学歴としては高校卒業という事です。3歳から芸能界にいた吉川愛さんは芸能コースもある日出高校(現在は目黒日本大学高校)に通っていたようです。高校2年生になる年に急な引退だったため、いろんな推測が飛び交っていますが「学業」というよりも高校生生活を満喫したかったという噂が有力になっています。

 

『日焼け止めも塗らず、帽子も日傘もなしで屋外のプールを楽しんで、JKを楽しんだ』と本人談。芸能界では日焼け厳禁のため、遊びたい盛りでもプールは屋内で、外で遊ぶにしても日焼け止めは必須。自分が商品であるからとはいえ、いろんな決め事に縛られる生活なので、その気持ちもわかりますよね。

 

吉川愛と横浜流星と岡田将生?

 

しかし吉川愛さんについて調べていくと二人の俳優さんの名前も浮上します。それが横浜流星さんと岡田将生さんです。それぞれどんな話なのでしょうか?調べてみます。

 

横浜流星さんとの噂?

 

吉川愛さんは誰かと付き合っていたの?と調べた際に出てくる内の一人が横浜流星さん。しかし実際に付き合っていたの?という疑問については、答えはNOとの事。ドラマ『初めて恋をした日に読む話』で共演したことによる噂だったようです。

 

役柄的には両想いという関係ではなく、横浜流星さんは深田恭子さん演じる主人公に片想い。その横浜流星さんに恋をする女子高生役だったのが吉川愛さんでした。

 

画像添付元:プリ画像

 

しかし同じ高校生役、塾にも一緒に通うなど共通点、一緒のシーンに出演することも多いことから「もしかして」という噂が生まれたようです。美男美女の共演なので、観ている側の願望も含まれている可能性が捨てきれませんが、証拠、匂わせ等一切無いようなのであくまでも噂がたっただけのようですね。

 

吉川愛と岡田将生

 

そして吉川愛さんと岡田将生さんと言えば、2012年に『映画 ひみつのアッコちゃん』での共演をしていた訳ですが、撮影現場で二人がとても仲が良かったことから噂になったようです。バラエティ番組でも「愛おしくて愛おしくてしょうがない」「俺と一緒にすまねぇ?」と岡田さんが吉川さんを口説いているような発言をされていたようです。

 

ですが岡田さんとしてはお父さん的な感覚だったようで、別のバラエティ番組では「あ、お父さん的な感覚なんですよ?可愛くて本当に何でもしてあげたくて、そのためには一緒に住むしかないのかな」とも。

 

画像添付元:KIYO BLOG

 

当時吉川愛さんは12歳、岡田さんは10歳年上なので22歳。「12歳はダメなんですけど、年齢は関係ないので」とも発言されており、岡田将生さんはロリコン?という噂もたっていたほどです。しかし、この一連の流れからすると岡田さんの片想いで終わっているようです。12歳の時から年上をメロメロにしてしまうとは。本当に末恐ろしい美少女ですね。

 

実際に引退をした際は普通の高校生として生活していたにも関わらず、吉田里琴さんであるとは気づかれずに再度スカウトされてしまうという吉川さん。芸名を吉川愛さんにして復帰をしても「吉田里琴ちゃんだ!」と喜びの声を上げるファンがたくさんいたようです。そんなみんなから愛されている元天才子役の吉川さん。これからの活躍も目が離せませんね!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました