間寛平のがんのステージと治療と完治とマラソン記録?息子はイケメンで歌とバンドと高校や学校は?

スポンサーリンク
Pocket

今回は今年多治見氏への移住を発表した間寛平さんについて書いていきたいと思います。

 

間寛平さんといえばやはりギャグのイメージがとても強いですが、最近はアースマラソンや十種競技などもはや芸人ではなくアスリートのような活動が目立ちますね。

 

スクリーンショット 2016-05-07 18.32.29

 

スポンサーリンク

間寛平のがんのステージと治療と完治?マラソン記録?

 

間寛平さんといえば、アースマラソンの最中に、途中で立ち寄ったトルコで前立腺がんを発症していることが判明したニュースが記憶に新しいですね。当然中断と思われましたが、治療を行いながらアースマラソンを続けることを決定するのです。本当に常人では考えられない精神力ですね!!ちなみに、その後の経過はとても順調のようで、後述するようにがんは完治しているそうです。

 

間寛平さんは2010年1月に前立腺がんが発覚。

PSA検査が12.1とブラックゾーン(10以上)となり、
精密検査を受けたが前立腺がんの発見ならず。

その後、トルコで行ったPSA検査で一気に40以上もの数値が出て、
精密検査の結果、前立腺がんが発覚しました。

ホルモン療法と最先端の放射線療法で治療を行い、
完治しています。

 

がんのステージ的に初期だったということもあり、早めの処置で助かったということみたいですね。やはり、がんは早期発見と早期の治療が大事ということを思い知らされますね。

 

さて、そんながんも完治した間寛平さん、最近多治見へ移住したことが話題になりましたよね。多治見への移住も十種競技のためのより良い練習環境を求めてということであり、もはや完全にアスリートですね!

 

2008年12月に大阪のなんばグランド花月をスタートし、2011年1月に大阪城音楽堂を終着地として、約2年にも及ぶアースマラソン完走を果たしましたし、世界一周をやりきるなんて凄まじい精神力です。普段のふざけた寛平さんからは想像もできませんが、本当は努力家で真面目な方なんでしょうね。

 

そのアースマラソンへの情熱を今は十種競技に向けているみたいです。なんと収録のなかでですが、十種競技の各科目にトライしたところ、1500mマラソンにおいては現在のM60クラスの日本記録が達成された時のタイムより速かったみたいです!

 

日本記録より速かったということなので、これは本当に間寛平さんがトップになれる可能性も大きいですね!間寛平さんは身長が164㎝ということで、恵まれた体格ではないですが、アースマラソンを走りきった根性で十種競技でも素晴らしい結果を残してくれるような気がします!!

 

息子はイケメンで歌とバンドと高校や学校は?マラソン記録は?

 

そんな寛平さん、最近は息子さんと一緒にテレビに出ることがよくあります。息子さんは間慎太郎という名前で、ミュージシャンとして活動されています。学生のころからバンドに熱中していたそう。寛平さんにはあまり似ておらず、イケメンともっぱらの評判ですね〜

 

 

スクリーンショット 2016-05-07 18.32.47

 

ちなみに慎太郎さんの学歴は、高校が兵庫県立宝塚高等学校で大学が東海大学卒業とのこと。公立高校ですし、お勉強もしっかりとされていたんですね!

 

ところで、間寛平さんはギャグをやってマラソンもやってと好きな事をやって幸せそうなイメージですが今までは相当な苦労をしてきたみたいですね。過去には借金も背負っており、その借金の原因があの伝説のギャグ「アメマ」をコンセプトに作ったというアメマバッジを作って数千万円の負債を負ったからだそうです。

 

売れると思ったものの全く売れなかったそうです。笑
その負債の借金の返済などが滞ったため裁判にもなり、裁判関係者から裁判で「アメマとは何ですか?」と質問されたものの、何ですかと聞かれても答えようがなかった寛平さんはひたすら「アメ〜マ、、、」と答え、そのシュールなやりとりは裁判を爆笑の渦に巻き込んだそうです!笑

 

多少噂に尾ひれがついているかもしれませんが、どんな場所でも笑いをとってしまう寛平さんはやはり天才ですね!笑
アスリートとしての活躍はもちろんお笑い芸人としての寛平さんにもこれからのさらなる活躍を期待したいですね!!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました