内野聖陽の実家はお寺?河合奈保子のフライデー?嫁の名前と画像?

Pocket

 

今回は、渋い役どころを演じることが多いですが、最近では2019年4月から始まったテレビ東京の『きのう何食べた?』でゲイのカップルの乙女役?としてオネエっぽい演技を披露している内野聖陽さんを見てみます。

 

スポンサードリンク

 

数々の映画やドラマで男らしさの光る役を多くこなしNHKの大河ドラマにも3度起用され、しかも主役級であり、見た目も実力も兼ね備えている内田聖陽さん。

 

 

内田聖陽”うちのせいよう”‥本名、”うちのまさあき”。1968年9月16日生まれで神奈川県横浜市出身の俳優。名前の読み方を正確に読んでもらえないため、2013年に”せいよう”に改名。

 

内野聖陽の実家はお寺?

 

内田聖陽さんの実家はお寺なのだそうで、2人のお姉さんがいる5人家族の長男として生まれました。横浜の『曹洞宗臥龍山雲松院』というお寺で1525年頃に建立されたとされる由緒あるお寺です。

 

 

跡取りとして厳しく育てられたようで、叱られるときはゲンコツを張られたり、砂利の上に正座させられたり、さらに病弱だったことで庭に鉄棒を設置して懸垂のトレーニングをさせられ、朝ごはんの時にはお経を唱えてからというのが日課でもあったそうです。

 

体も心も強く育てたかったのでしょうが、内田聖陽さんは父の思いとは逆に内向的に育ってしまったそうです。学校も仏教に関わりのある学校で世田谷学園という中高1貫校に通って高校生の時には住職の資格を取得したとのことです。

 

ここまでの生活の習慣、学校と跡取り街道まっしぐらで周りの人々は住職になると思っていたはずでしょうが、大学は早稲田大学の政治経済学部へ入学しました。俳優のきっかけになったのはこの大学に入ったことでした。

 

内田聖陽さんは、大学で入った英語サークルで英語での演劇に出会ったのですが、当初は演劇に対するイメージが暗いことと男がやるものではないと思っていたようなのです。しかしやってみると演劇の楽しさに目覚めてしまい、ただ1点、英語で演じることに違和感があったため先輩に勧められて文学座に入って勉強することになりました。

 

この時より内田聖陽さんの俳優としての人生が始まったわけですが、父親が亡くなった後に周囲の人たちに俳優をするには中途半端な気持ちではできないので、住職は継がないと伝えたそうです。

 

河合奈保子のフライデー?

 

内田聖陽さんには過去に不倫と飲酒運転の噂がありました。2010年の出来事ですが当時の内田聖陽さんは結婚されていました。奥さんの名前などは後述しますが雑誌フライデーに内田聖陽さんと河合奈保子に似た女性と車内でキスしているところをスクープされたのです。

スポンサードリンク

 

 

男性の方は内田聖陽さんと分かりますが、スクープ記事の写真では女性の方は河合奈保子さんとは判りづらいです。

 

 

1980年代を代表するアイドルでした。1963年生まれの河合奈保子さんとは近い年の内田聖陽さんとの接点はあったのでしょうか?

 

前から付き合いがあったのかは不明ですが、河合奈保子さんは1996年にヘアーメイクアップアーティストと結婚して第1子を出産してからオーストラリアに移住しており現在2時の母親で専業主婦としてオーストラリアで暮らしているそうなので内田聖陽さんとの不倫の可能性は低そうです。ネットで言われているのは、河合奈保子さんの旦那さんが経営している美容院の女性従業員だったと言われています。

 

嫁の名前と画像?

 

先ほど内田聖陽さんが結婚していたと述べましたが、2006年に元宝塚トップスターだった一路真輝さんと結婚して、1人娘がいました。しかし2011年に離婚してしまいます。

 

 

1965年1月9日生まれで内田聖陽さんの3歳年上になります。離婚については、いくつかの理由があったのだそうですが、1つは先ほどの不倫疑惑が考えられるようです。フライデーにスクープされた時には、別居状態だったようですが離婚の決め手だったのかもしれません。

 

他にも、内田聖陽さんの亭主関白ぶりや、俳優として役作りのためにストイックなことで生まれたばかりの1人娘の鳴き声などで役作りに集中できないと喧嘩も絶えず一路真輝さんは娘さんを連れて別居することになったようです。結婚生活3年半後の出来事だったそうです。その後に不倫報道が起きて結果、離婚に至ったようです。

 

一路真輝さんは、離婚直後は内田聖陽さんの顔も見たくないほど強く拒否をしていたのだそうですが、娘さんがテレビに出ている内田聖陽さんを見ると『パパ!』と喜んだことで子供の親は他にはいないと気持ちを切り替えたとのことです。内田聖陽さんも、娘さんのことは気がかりだったそうで現在は、3人で会うことがあるくらいにまで関係を改善しているようです。やはり家族でいられる幸せは大切ですね。

 

今回は、内田聖陽さんを見てみました。役作りに対する熱心さが今まで出演した作品の数、主役級に起用される頻度に表れていますね。女性関係にもフライデーのスクープの他にも噂があるようですが、娘さん達との関係も大事に続けてほしいと思いま

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)