上白石萌歌の大学はどこ?歌が上手いCM?姉妹で双子?

Pocket

 

今回は、姉妹で歌やダンスと幅広く活躍、第7回”東宝シンデレラオーディション”でもグランプリを受賞した上白石萌歌さんを見てみます。

 

スポンサードリンク

 

姉の上白石萌音さんと共に第7回“東宝シンデレラオーディション”に応募し姉は審査員特別賞、妹の萌歌さんは史上最年少の10歳で44,120人の頂点に立ちました。

 

 

2000年2月28日生まれで鹿児島県出身の女優・タレント・モデル。2011年よりモデルとして活動開始後女優デビューしドラマ、CMと多数出演中。歌手としてCDもリリースしています。

 

【上白石萌歌の大学はどこ?】

 

上白石萌歌さんは、10歳で芸能界に入ったため当時は鹿児島と東京を行ったり来たりで活動していたそうです。2歳上のお姉さんが高校進学のため東京に上京するときにお母さんと萌歌さんも一緒に上京してお姉さんと3人で生活を始めました。

 

萌歌さんが高校卒業しお母さんは鹿児島に帰った後、現在は姉妹2人で同居しています。萌歌さんは大学に通っているのですが大学はどこなのか?との話題がありました。

 

お姉さんも大学に通っているようで同じ学校なのかと検索する人が多かったようですが調べたところ本人は公表していませんが、可能性が高いとされているのが明治学院大学だそうです。

 

 

お姉さんの萌音さんも大学に通っているのですが、こちらは明治大学とのことで萌歌さんも同じ学校に通っているのでは?と噂されていたようです。

 

偏差値で言えば明治大学の方が上になるらしいのですが、美男美女が多いのが明治学院大学なのだとか。学部は社会学部で、お父さんが社会の教師をしていることの影響を受けているのかもしれませんね。

 

【歌が上手いCM?】

 

上白石萌歌さんはキリンビバレッジの午後の紅茶のCMで17歳の時に出演していました。このCMで歌っていたのですが、これが歌っている女優は誰?歌が上手!と反響がかなりあったようです。

 

 

他にもテイジンという繊維会社のCMにも出演し歌っています。

スポンサードリンク

 

 

こちらのCMでは歌とダンスを披露しています。15歳の時にはNHKのアニメ『はなかっぱ』のオープニングテーマでCDもリリースしています。

 

歌が上手いと言われるのは家族に隠されているという話があります。お父さんが日本人学校の教師で3年程、家族みんなでメキシコで暮らしていた時期がありダンスや歌うことに積極的な国民性の影響を少なからず受けたと思われます。

 

さらにお母さんは元音楽の先生だったという情報もあり、歌に触れる機会は多かったことでしょう。上白石姉妹も歌うことが趣味の1つに挙げられているので、あながち間違いではないのと思います。

 

しかし、一方で歌が下手という意見も見受けられました。声がかすれているや甲高い声が耳に障るといったような意見で好みが分かれる声質なのかもしれませんね。

 

【姉妹で双子?】

 

先ほどから何度も姉妹と言ってきましたが上白石姉妹は双子ではと言われるほど似ていると言われています。しかも名前も芸名のようですが本名とのことです。

 

 

ソックリですね。姉妹なので似ているのは分かりますが、瓜二つに近いですよね。年は2歳離れているので間違いなく双子ではないですが、双子と言っても疑わないくらいです。

 

見分けるポイントは身長らしいです。妹の萌歌さんの方が背が高くて161㎝で姉の萌音さんは小柄で152㎝とのことで並んでいれば分かるかもしれませんね。

 

 

並んでみると9㎝の違いは大きいです。しかし、1人ずつ個別に見たらほとんど見分けがつかないと思います。こんなにソックリな姉妹もいるのですね。

 

とてもソックリで仲良しな姉妹ですが、性格は正反対で姉の萌音さんは、おっとりでマメなタイプで妹の萌歌さんは積極的なタイプなのだそうです。

 

今回は、上白石萌歌さんを見てみました。姉妹揃って売れっ子でありながら、ともに有名大学に通って仕事も学問も一生懸命に努力しているのは素晴らしいと思います。両立はとても大変だと思いますが精一杯頑張り抜いてほしいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)