須田亜香里の父親はトヨタ車体で画像?なぜ人気?大学とバレエコンクール?

Pocket

 

今回は、SKE48のEチームリーダーを務める須田亜香里さんを見てみます。

 

スポンサードリンク

2009年にSKE48のメンバーとなり2015年にはAKB48の世界選抜総選挙では2位にまで昇りつめた須田亜香里さん。

 

 

1991年10月31日生まれ。愛知県名古屋市出身。2009年よりSKE48の研究生、チームS、チームKⅡを経てチームEリーダーとなる。幼少からクラシックバレエをやっていて数々の賞を受賞しています。

 

 

【父親はトヨタ車体で画像?】

 

須田亜香里さんを調べてみると父親はトヨタ車体で、お金持ちというようなワードが出てきます。どうやら、お父様はトヨタ自動車の子会社であるトヨタ車体の常務をされていたようです。

 

2017年6月に『AKB48総選挙直前SP』という番組で、須田亜香里さんは、お父様の名前は須田恭弘さんで59歳と放送されています。さらに小学校から野球を続けていたと語っていました。

 

 

AKB48総選挙直前SPの放送でお父様が顔だしNGで出演。そして2011年の新聞に須田恭弘さんが、トヨタ車体の常務執行役員に就任したと報道されました。報道内容から名前、生年月日、野球をしていたことなど須田亜香里さんが語ったことと一致していることから、ほぼ間違いない情報とみられています。

 

現在、お父様はトヨタ車体の常務を退任されてグループ会社であるTABMEC株式会社の代表取締役社長をされているそうです。

 

【なぜ人気?】

 

須田亜香里さんは『あまり可愛くない』という見方をされている人がいますが、テレビで見かける機会が増えたりAKB48の総選挙で2位になった事実があり、人気というのは確かですね。

 

テレビで起用されるのは視聴者の見方と違う部分があるので、『なぜこの人がこんなにテレビに出ているの?』というところもあったり、総選挙も純粋に1人1票というわけではないようなので、なぜ人気なのかと思っている人は多いようです。しかし、総選挙は1人1票ではないにしても2位となる票数を獲得となると人気がないとは言えないと思われます。

 

その人気の秘密は、ファンに対する対応が1つの要因になっているようです。須田亜香里さんは握手会で人気がある先輩たちのブログなどを見てファンに対する心遣いや感謝の気持ちを勉強し自身の対応に生かしたのです。結果、イベントなどで須田亜香里さんに会った人たちはファンになってしまうほどだそうです。

スポンサードリンク

 

 

さらにファンの人たちの情報や、会話をノートに記してイベントに来てくれたファンの人に気さくに声をかけるようです。もう1つ言えるのは、コンプレックスや自分への批判などを、しっかり受け止め前向きに考えるということも人気につながっているようです。

 

『可愛くない』と言われ、総選挙では『ブスから神7』とまで言われた須田亜香里さんですが、そんなこと言われて傷つかない人はいないと思いますが、本人も傷つきながらもファンのおかげと感謝の気持ちを持ち続け支えとしてポジティブに考える姿勢が伝わったと思われます。十分可愛いと思いますけどね!

 

【大学とバレエコンクール?】

 

須田亜香里さんの学歴は中学校から大学まで一貫校である名古屋の金城学院だそうですが、一貫校なので通常なら推薦で進学するのですがSKE48のオーディションを受けたため大学への推薦は取り消しになってしまったそうです。それなら一般入試で入ればということで受けた試験で見事合格しました。

 

しかしアイドルと学業の両立は大変だったようで、なかなか授業に出席できず先生と課題交渉をしていたらしいのでが、生徒の一人から『スケジュールを管理できていないのでは?』と言われたことで、その日のうちに休学届を出して現在まで休学状態なのだそうです。

 

一方でクラシックバレエを5歳から18歳までやっていました。
腕前もかなりなもので、数々のバレエコンクールで全国優勝レベルの賞を獲るほどの腕前だったようです。

 

ただ須田亜香里さんはアイドルになるという夢も持っていてSKE48のオーディションに合格してからの活動の中で両立するのは難しいと感じてバレエを辞める決断をしました。

 

 

バレエを辞めはしましたが、バレエをやっていて今の自分があるとバレエの経験に感謝しながら、バレエで培った体の柔らかさや身体能力を披露しアイドルとしての活躍に生かしています。

 

てなわけで、今回は、須田亜香里さんをみてみました。周りから、いろいろ言われてもネガティブにならず吸収して強くなるなんてすごいことですよね。休学中の大学も、辞めるのではなく何時か卒業してほしいと思います。ファンを大事にする心を大事にこれからも活躍してほしいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)