高須克弥の癌治療と病院?西原恵理子の関係と結婚と嫁?資産額?

Pocket

 

今回は、美容整形番組で名を轟かせた

「Yes!高須クリニック!」でお馴染みの

高須克弥さんをご紹介します!

 

スポンサードリンク

生年月日:1945年1月22日。

出身地:愛知県西尾市。

職業:医師。

出身校:昭和大学医学部卒業。

 

70歳を超えていますが、美容整形の仕事を継続しています。1日の手術人数は70人程だそうで、まだまだ現役のプロとして活躍中。新しいことに取り組む発想が秀でていて、美容整形にまつわる特許も6件登録されています!

 

両親や親戚も医師が多かった為、悩んだ末に家族と関りがない形成外科を選択したそうです。そして、昔は日本では美容整形が発展していないことに目を付け、美容整形外科として「高須クリニック」を開設しました。

 

【癌治療と病院?】

 

お元気そうにしている高須克弥さんも、長寿祝いで数えると古希を超えています。脳が衰えずとも、身体の健康が心配になりますよね。そんな中、2018年9月29日、自身のツイッターにて癌を患っていることを告白しました。

 

”ご心配くださりありがとうございます。
自分の考えている通りだと思います。
軽くはありませんが深刻な事態ではありません。
今日も東京の高須クリニックで沢山手術しました。とりあえず大丈夫です。”

 

文面から推測すると、生活環境についてはお変わり無いようです。生前の樹木希林さんが「全身がん」と公表していたことが印象にありますが、高須克弥さんも「似たような状態だ」と後に発表しています。

 

抗がん剤は使用しており、副作用を考慮して使用を判断しているみたいです。医師という職業柄、何人も癌患者を見てきた経験がある為、病気に対しても余裕を持っています。効果のある新薬も、自分が使うかどうかより、コストダウンに注目しているようでした。

 

【西原恵理子の関係と結婚と嫁?】

 

高須克弥さんは、1969年に高須シヅさんという方と結婚しています。彼女も美容外科医として、夫の経営する高須クリニックを支えていました。しかし、2010年に転移性肺がんにより65歳で亡くなりました。

スポンサードリンク

 

高須シヅさん。

 

その2年後の2012年、漫画家の西原理恵子さんと事実婚関係になります。籍を入れないことは双方理解しており、もしもの時の不倫予防策なんだとか。友人関係は長く、過去に高須クリニックのCMに出演しています。

 

西原理恵子さん。

 

「ぼくんち」や「毎日かあさん」が代表作で、1988年から漫画家として活動しています。高須克弥さんとテレビ共演したり、2人が寄り添う写真が多かったり、事実婚ならではの生活をお互いに楽しんでいるみたいですよ!

 

【昔の顔?】

 

数えきれない美容整形の経験を積んできた高須克弥さんも、実は美容整形をされています。というのも、施術はまず自分の体で試す方針を立てているからです。では、整形前の写真を見てみましょう!

 

 

こうしてみると、今の顔との違いがはっきりわかりますね。顔だけでなくボディも施され、腹筋が割れているマッチョボディです!・・・これも種明かしをすると、筋肉が出てくる限界まで脂肪吸引を行った結果みたいです。

 

10年以上前から整形を繰り返し、なんだか今のほうが若く見えますね!まず自分で試すことで、お客様が安心できるクリニックとして信頼されているのでしょう。

 

【資産額?】

 

美容整形の先駆けである高須克弥さんは、どのくらいの資産をお持ちなんでしょうか?噂によると、1億円の小切手は即日でOK、お金持ちのみ対象のブラックカードを所有しているそうです。仕事の他、本も書かれているので印税もあります。

 

その資産額は、140億円になると言われています!想像上の額ですね・・・!さらに驚くのが、これだけのお金を「自分が死ぬまでに使い切る、子供に遺さない」と明言しているんです。

 

彼の積極的な寄付活動も有名ですね。被災地への対応も早く、お金以外に物資や救護スタッフの輸送、被災者の身体のケアなど、広範囲にわたって取り組んでいます。

 

高須克弥さんは「この世で良いことをすると、あの世に積み立てができる」ともおっしゃっているようです

 

これこそ正しいお金の使い方なんではないでしょうか!?素晴らしい考えをお持ちで尊敬します!これからもますますのご活躍を期待したいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)