宮脇咲良の顔の変化が怖い?でかいし大きい?変わりすぎで比較の声も?

女性芸能人
スポンサーリンク
Pocket

 

宮脇咲良さんといえばアイドルでありYoutuber、と調べると出てくるのですが皆さんご存知でしょうか。AKB48、HKT48という過去もありつつ、今では日韓合同グローバルガールズグループに所属しているという、なんだかすごい経歴の持ち主です。そんな彼女について今回は調べてみました。

 

スポンサーリンク

宮脇咲良の顔の変化が怖い?

 

アイドルという事はさぞ顔も小さくて、かわいらしい女の子なのかな、と思いますが『顔の変化』『でかい』という声がちらほら聞こえてきます。どういう事なのでしょうか?

 

宮脇咲良ってどんな人?

 

では宮脇咲良さんとはどういう人なのでしょうか?宮脇咲良さんは1998年3月19日、鹿児島県出身。母親のミュージカル好きの影響で宮脇咲良さんも小学3年生から鹿児島市内のミュージカルスクールに通い始め、実はアイドルである前に小学6年生の時に劇団四季の舞台に立っています。すごいですよね。「ライオンキング」のヤングナラ役はファンの間では有名な話のようです。

 

画像添付元:劇団四季語り倶楽部

 

この写真もめちゃくちゃ可愛いですね!その後2011年7月、HKT48の1期生オーディションに合格。その年の10月には西部ドームでお披露目、11月にはHKT劇場こけら落とし公演で劇場デビューしています。

 

そこからのアイドル活動は輝かしいものばかりで、選抜総選挙ではネクストガール、アンダーガール、と順調に順位を上げていき、AKB48の38枚目のシングルでは渡辺麻友さんとのダブルセンターを務めます。2015年のドラマ『マジすか学園4』では島崎遥香さんとのダブル主演。さらに2016年のAKB48の43枚目のシングル、2018年の54枚目シングルではそれぞれ単独センターを務めています。

 

宮脇咲良の顔がでかいし大きい?

 

宮脇咲良さんの顔についてよく言われているのが、「顔の変化」「顔がでかい」ですが、ここではその話題について調べてみました。

 

画像添付元:SkyRan

 

こちらが物議を醸している写真でもあります。隣にいるのが渡辺麻友さんなので38枚目のシングルの頃でしょうか。宮脇咲良さんの身長は163cm、渡辺麻友さんの身長が156cmのため、身長差もあります。

 

周りにいるのがアイドルさんたちなので、顔がかわいくて整っているのはもちろんの事、顔が小さい事も基本中の基本。身長が大きい方が顔も相対的に大きいのが普通です。そのため、バラエティ番組や音楽番組で背の低いメンバーと隣り合ったりする度に比較されていたのでしょうね。

 

宮脇咲良の顔の変わりすぎを比較してみた

 

宮脇咲良さんの顔の大きさに引き続き「顔がが変わりすぎ」という話も噂されています。小さい頃から芸能の仕事をしていたようなので、少しずつメイクが変わったりしたのかもしれませんよね。はたまた整形疑惑?というのもまだ捨てきれません。ひとまず画像で比べてみましょう。

 

画像添付元:NONMEDIA

 

左が宮脇咲良さんのHKT48デビュー当時の写真ですが、この頃13歳です。まだ初々しくあどけないですね。各年代の宮脇咲良さんの写真を見比べてみましたが、二重瞼の幅や、小鼻の辺りの変化から、顔が変わったのはメイクが原因ではないのではないか?という疑惑が噂されているようです。

 

見る人が見るとわかるようですが、昔と現在の写真を比べて「整形では?」と言われている箇所は大きく2か所で、顎と涙袋。逆に「単なる成長では?」と言われているのは二重の幅なのだそうです。とはいえ、現代では「整形です」と発表する芸能人も、日本では少ないですが、存在します。

 

それとともにメイクでもどんどん変わる女性の顔に、もう驚く事もないのではないかと半分どうでもよく思っている人も多いはず。実際に日本でのHKT48時代と、今の韓国をメインとした活動ではメイクや髪色も全く違います。時代の流れや身を置いている状況にうまく順応していると考えても不思議ではありませんよね。

 

宮脇咲良のアイズワンの順位となぜ?

 

AKB48、HKT48で活躍した宮脇咲良さん。そこで気になるのが『アイズワン』、上であげた日韓合同グローバルガールズグループの名前です。そこでの順位が何かあるのでしょうか?宮脇咲良さんの噂を徹底調査してみました。

 

宮脇咲良とアイズワンって?

 

宮脇咲良さんのAKB48、HKT48の輝かしい軌跡は先ほど例に挙げましたが、2018年に『PRODUCE 48』のファイナリスト20名に後輩の矢吹奈子さんと共に残り、最終結果で2位にランクイン。その後同番組から誕生するグループ「IZ*ONE(アイズワン)」のメンバーに選ばれ、10月にはIZ*ONEとしてミニアルバム『COLOR*IZ』でデビューしています。

 

画像添付元:Wow!Korea

 

昔のオーディション番組と同様、オーディション風景や彼女たちの頑張っている姿が放送され、反響もすごかったようです。中には実力不足なのでは?と批判するような声もあったようですが、他のオーディションを受けたメンバーもダンスはA評価だが歌がB評価、またその逆の立場のメンバーもいたりと様々。

 

選ぶ側も難しい決断だったと思いますが、結果として選ばれた宮脇咲良さんは「IZ*ONE」のメンバーとなり、これを機にAKB48グループでの活動は2021年4月までの2年半の間休止することになったのです。

 

宮脇咲良のアイズワンの順位に「なぜ」の声

 

『PRODUCE48』での幾度にも渡るオーディションにて見事「IZ*ONE」のメンバーになった宮脇咲良さんですが、その順位について噂されている事があります。『順位が操作されているのではないか』という事のようです。

 

画像添付元:RankBest

 

順位の操作ですが、「人気投票で不正操作が行われていた」という事で韓国のプロデューサーが2019年11月に逮捕されました。その逮捕劇が原因で各活動に影響が出ていたようですが、2020年から再度CDが発売されたり、活動は順調に出来ているようです。ちなみにこの順位、公式発表では宮脇咲良さんは2位とされていますが、本来は1位だったのではないか、というのがもっぱらの噂です。

 

 

とりあえず宮脇咲良さんは順位が違うながらもオーディションでは選ばれ、「IZ*ONE」で活躍する道を用意されたのですね。本人がどうこうした問題ではないため、可能な限り持てる力を発揮して活躍してほしいものですね。ちなみに「IZ*ONE」と言えばメンバー事にポジションとテーマカラーが決まっているようで、宮脇咲良さんはポジションはボーカル、テーマカラーはクラシックローズとの事でした。

 

まとめ

 

今回はこんな風に宮脇咲良さんの事を調査してみましたが、いかがでしたでしょうか?実は失礼ながら、調べてみるまでこんなに活躍している方とは知らず、びっくりしたのが正直なところでした。

 

そしてAKB48、HKT48にとどまらず日韓合同での活動にもチャレンジしているのは「自分のステップアップのため」という所が向上心があって素晴らしいですよね。今後も「IZ*ONE」の活動は2021年の4月まで続きますが、どんなフィナーレを迎え、戻ってくるのでしょうか。非常に楽しみですね。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました