上白石萌音は明治大学のどこを卒業した?英語と留年と偏差値?上白石萌歌は双子で姉妹?

女性芸能人
スポンサーリンク

 

2020年のドラマ『恋はつづくよどこまでも』で不落の魔王、佐藤健さんに恋する勇者役で今年一機にブレイクした上白石萌音さん。実は2016年公開の長編アニメーション映画「君の名は。」でヒロインの三葉の声優を務めたのも彼女なんです。彼女の学歴、家族であり同じく女優である上白石萌歌さんとの関係についても今回詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

上白石萌音さんは明治大学のどこを卒業?

 

萌音さんの学歴は明治大学。そのどこの学部を卒業しているのか、そもそも芸能界で忙しそうなのに本当に大学に行っていたのか、気になる所ですね。同じ大学に誰がいたのかなど、彼女の周りを少し掘り下げてみましょう。

 

上白石萌音さんの学歴は?

 

鹿児島県出身の上白石萌音さん。小さな頃から歌ったり踊ったりするのが好きで、母親の勧めで小学校1年生の時から鹿児島のミュージカルスクールに通い始めました。デビューのきっかけもミュージカルスクールの先生に勧められ、2011年に受けた第7回東宝「シンデレラ」オーディションを受けた事でした。審査員特別賞を受賞したその年は萌音さんが中学1年生の時。同時に東宝芸能へ所属し、芸能活動を開始しています。

 

その後、女優として2011年9月にHOMEMADE家族「スターとライン」のPVに妹の萌歌さんとともに出演し、映像作品に初出演。2011年にはNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』の最終回でドラマデビューを果たしています。少しずつ忙しくなりつつも、中学時代は鹿児島から東京へと週末に通う形で仕事をしていたのだそうです。中学生の間に初舞台にも挑戦している萌音さん。距離も距離だけに、飛行機で通うにしても中々大変だったと思います。とても頑張り屋さんなんですね。

 

画像添付元:NAVERまとめ

 

ちなみに、東宝シンデレラの同期には妹の萌歌さんはもちろんですが、今も活躍中の浜辺美波さんもいたのだとか。いまドラマや映画で大活躍の錚々たるメンバーですね。そうして、上白石萌音さんは高校生になるタイミングで東京の学校へ進学。

 

この頃好きな教科は英語、嫌いな教科は理科だったそうで、大学に進学する際も明治大学の国際日本学部という、英語教育に力をいれる学部に所属し英語漬けの日々を望んで進学したのだそう。大学名までは公表していなかったのですが、2016年8月24日発行の読売新聞夕刊『pop style』でのインタビューで「舞台芸術論や日本映画史を学んでいる」と話していて、学部が国際日本学部というのはカリキュラムから特定されていたそうです。

 

しかし事務所も公表していない大学名がなぜ知れ渡っているのかと言うと、DISH//というロックバンドのMASAKIさんが「上白石萌音さんと同じ大学」と発言してしまったからなのだそうです。うっかりなのかどうかのか、事務所が公表していない情報を勝手に発信してしまうのはネットリテラシー的には考えてしまう微妙な問題ですね。ただ、この情報はMASAKIさんだけではなく大学に通っていて見かけた人も気軽にtwitterなどでつぶやいているようです。

 

上白石萌音さんの英語の偏差値と留年?

 

そんな上白石萌音さんの検索ワードですが、雲行きの怪しいものが出てきました。留年とは?どういうことでしょうか。英語検定2級スペイン語検定6級の資格を持つ萌音さんにしては気になるワードです。早速調べてみました。

 

上白石萌音さんと英語

 

先ほど上白石萌音さんの好きな教科として「英語」とあったはずですが、そもそもこの英語、留年とはどういう事なのでしょうか?英語についてはお父様が日本語教師をされており、2006~2008年の3年間メキシコに住んでいた事が関係しているようです。

 

もちろんスペイン語圏なので、そちらも話せるとの事ですが、英語で通じる国で困らない様に、小学生ながらもきちんと教育を受けていたのだそうです。その後も「大学まで行くものだ」とずっと普通に思っていた萌音さんは高校でも大学進学を前提にきちんと学業と両立されていたのだそう。明治大学に一般試験で合格するとなると、さすがにきちんと学業に向き合ってこないと無理ですよね。きっと英語という得意分野を伸ばしつつ、他も契約的に頑張っていたのでしょう。

 

画像添付元:MION`S HEADLINE

 

そして気になるワード、『留年』です。それはどうやら、萌音さんが最近多忙である、という事と、明治大学の留年制度だと最長8年間は在籍できる、という情報に基づいた噂のようです。明治大学の中でも偏差値は69~72と中々難関だというこの学部ですが、上白石萌音さんは推薦ではなく一般試験で合格したとの事。

 

女優業も非常に多忙なのは周りからみて一目瞭然だったために、『留年』なのか『卒業』できたのか心配が元で検索されていたようです。努力家の彼女の事です、留年したという情報は流れていないため無事卒業できたのではないかというのが各方面からの推測による情報です。

 

上白石萌音さんと上白石萌歌さんは双子で姉妹?

 

上白石萌音さんについてはこんな事も検索されているようです。萌音さんと上白石萌歌さんの関係です。彼女たちの関係は?双子?姉妹?どちらが姉で妹?一緒に住んでるの?などなど気になる点を一気にチェックしてみました。

 

上白石萌歌さんってどんな人?

 

結論から言うと、萌音さんと萌歌さんは双子ではありません。萌音さんが姉で、萌歌さんが2つ下の妹なんだそう。ご実家は鹿児島県との事ですが、2006年から3年間はメキシコに在住であったり、色々な所で、色々な人に囲まれ、様々な体験をしてきた姉妹のようですね。

 

現在は同居しているとの事で、きっと仲も良いのでしょう。東宝シンデレラオーディションでは萌音さんが審査員特別賞を受賞していますが、萌歌さんは最年少の10歳でグランプリを受賞。その時のオーディションを受けた人数がなんと44,120人。その中でグランプリと審査員特別賞を受賞するとは、きっと最強の遺伝子を持った姉妹なのでしょう。

 

画像添付元:NAVERまとめ

 

可愛いですねー!こうして当時の写真を比べてみると、双子なのかな?という疑問がわいてくるのもわかりますね。オーディションを受けた当時は、2歳の年齢差はありつつも二人とも約150cmだったそうなので、そういう噂もたったのでしょう。今は妹の萌歌さんの方が身長は10cmほど高いのだそうです。最近では映画『羊と鋼の森』で姉妹役での出演もあり、ここでも更に「似てる!」と噂になっていますね。

 

画像添付元:CinemaCafe.net

 

そんなこともあってか、最近は数多くのトークバラエティー番組などに出演。プライベートな話から、二人ならではのエピソード、実は歌が上手いという姉妹揃っての特技なども披露してくれています。それもそのはず、萌音さんは2015年には『The Favorite Songs』というワンカット長回し、アカペラのMVを自身のYOUTUBEチャンネルで公開したのを皮切りに、ライブ活動を始め、2016年10月には自身初のカバーミニアルバム『chouchou』をリリースし、歌手デビューを果たしているのです。

 

妹の萌歌さんも2015年にテレビアニメ『はなかっぱ』の主題歌「ス・マ・イ・ル」でデビューしています。映像作品、バラエティ番組、と二人の共演の数も増えてきているので、今後はもしかすると二人名義の楽曲などが出てくる可能性も無いとは言い切れませんね。今後も上白石萌音さん、そして妹の萌歌さん、この二人から目が離せません。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました