浅田真央の母親の死因?職業はホステスで画像と入船?顔色と過去?

Pocket

 

幼い頃からその才能は多くの人から注目され、

日本のフィギュア人気の先駆けにもなり、

現役引退の際にはその涙が感動を呼んだ浅田真央さん。

 

スポンサードリンク

2010年のバンクーバー五輪では銀メダルを獲得、他にもたくさんの賞を受賞している浅田真央さんのご家族についてはなかなか知ることがありません、今回はオリンピックメダル選手浅田真央さんについて見ていきたいと思います。

 

母親の死因?

 

浅田真央さんのご家族は、同じくフィギュアスケート選手だった姉・浅田舞さんとお父様(敏治さん)とお母様(匡子)さんの4人家族。

 

 

お父様はメディアに登場することは殆どありませんでしたが、お母様の匡子さんは2人の姉妹フィギュア選手をしっかりと支える母として取り上げられました。

 

しかし2011年、そんな母・浅田匡子さんが亡くなられました、その死因は『肝硬変』であるとされています。『肝硬変』とは臓器内に障害が起きて肝細胞が減少・死滅して肝臓自体の機能が著しく低下する病気。激痛に襲われ幻覚や幻聴なども起こるようで、最終的には肝臓の移植が必要になるのですが、姉の浅田舞さんがこれに合意したのにもかかわらず、母・響子さんはそれを拒否。娘にリスクを背負わせてまで生きる事はできないと判断したと言われています。

 

あの素晴らしいフィギュアスケートの浅田真央選手を育て上げたお母様はやはり素晴らしい人だったんですね。

 

職業はホステスで画像?入船の過去?

 

浅田匡子さんは、過去に入船という場所で水商売である『ホステス』のお仕事をされていたようです。ではここで浅田真央さんのお母様・匡子さんのお写真を見てみましょう。

 

スポンサードリンク

 

浅田真央さんが、まだちょっと幼い感じに見えますね。ここでわかったのが、ホステスとして働いていたらお酒もたくさん飲まないといけないでしょうから、死因である肝硬変との関係もあるかもしれません。

 

しかし匡子さんは2人のフィギュアスケーターを育てる上で、お金がないからやらせてあげれないという理由は作りたくない一心で頑張っておられたでしょう、それだけ子供たちへの愛情を感じますね。忙しく働く中でも練習にも何度も顔を出していたようでその時のお写真もありました。

 

 

顔色?

 

さて、そんな浅田匡子さんのお写真を見て、その顔色があまり良くないことがわかるのではないかと思います、それがこちらです。

 

 

確かに、少しお顔の色が悪いように思えます、じつは匡子さんは20年ほど前から肝硬変を患っていたなんて話もありますので、長い間病気を戦いながら、2人の子供達を支えていたんだなと思うと、母として尊敬に値します。

 

 

というわけで、今回は幼い頃からその才能が注目され、2010年のオリンピックでは銀メダルを獲得し、日本のフィギュアスケート界においての宝・浅田真央さんについて、特に母・匡子さんのことを見てきました。

 

匡子さんはフィギュアスケーターとしての子供達を支え、一番のファンでした。2011年に肝硬変で亡くなってしまいましたが、最後の最後まで母として、強く生き抜いておられた匡子さん。

 

浅田真央さん・浅田舞さん2人ともそんなお母様を愛していることでしょう、これからの浅田真央さんは現役を引退し、様々なところで活躍されていくと思います。そんな浅田真央さんを応援し、活躍をも守っていきたいと思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)